なすノート@一条工務店で建てたコの字の平屋

一条工務店のi-smartで、中庭を囲むコの字の平屋を建築中。育児や趣味についても書いていきます。

赤ちゃん用品 買ってよかったもの10選&不要だったもの2つ

 我が家の娘が10ヶ月になり、そろそろハイハイできるようになるころ。

赤ちゃん用品は本当に数多く、何を買えばよいか迷いますよね。我が家も相当色々買いました。

そこで今までで役に立ってきたアイテムたち10個を紹介しようと思います。すべての人に良いかどうかはわかりませんが、多少のお役に立てれば幸い。

 

 

 

買ってよかったもの

f:id:nasukusu:20180722161625j:plain

おすすめ度は私の独断と偏見で決めています。細かいレベルでは色々ありますが、これ!と言ったアイテムを紹介します。

★3は、人によっては良いかも、というレベル。

★5は、 どの人にもおすすめしたい、というレベルです。

 

1.【ミルク】調乳ポット

おすすめ度:★★★★

最初の頃はミルクを作るたびに電気ケトルでお湯を温めていたんですが、とても手間なので、保温できるポットを購入しました。しかも、ミルクが溶ける70度で温度を維持してくれるので、かなり便利です。本体の価格はそれなりに高く、保温に電気代もかかりますが、乳児期の手間はお金をかけても減らしたほうが、トータルではメリットが大きいと思います。普通の電気ポットをすでに持っていれば、実は70度に維持することもできるんだけど、注ぎ口が小さく、電気ポットよりはお湯の量を哺乳瓶に注ぐ際に微調整しやすいので、調乳ポットのほうがおすすめ。

 

ピジョン 調乳ポット かんたんミルクづくり

ピジョン 調乳ポット かんたんミルクづくり

 

 

 

2.【ミルク】電子レンジ除菌&保管ケース 除菌じょ〜ずα

おすすめ度:★★★★★
熱湯で除菌するか、薬で除菌するか、電子レンジで除菌するか、という選択肢がある中で、比較はしていないけど、電子レンジが一番楽かなと思います。ケースに入れて、水を少し入れて、電子レンジで温めるだけで、使うときだけケースから出せば良いのでかなり簡単かつ早い。

改善してほしいところが、水をいれるときに、穴が小さすぎてこぼれやすいというところかな。ただ、トータルとしてはかなりおすすめです。

 

【日本製】コンビ 電子レンジ除菌&保管ケース 除菌じょ~ずα バニラ
 

 

 

3.【ミルク】授乳クッション(やわらかめ)

おすすめ度:★★★

母乳を上げる場合は必須かもしれません。私の妻には必須でした。これがあるだけで楽になるんだとか。赤ちゃんを長時間抱っこするのは疲れますよね。しかも、授乳するだけではなく、赤ちゃん用の一時的に寝るときのクッションにもなるので、かなり汎用性が高い。硬めのものも売っているけど柔らかいほうが、クッションとして使えるほうが良いです。ただ、これは好みなので、使ってみるしかないね。

 

 


4.【おむつ】温水おしり洗浄機 ホットシュッシュ

おすすめ度:★★★★★

赤ちゃんのお尻を綺麗にする場合に、ウェットティッシュやおしりふきがあると思いますが、我が家ではおしりふきがあまり合わず、このお湯をスプレーするタイプの物を買いました。結果、ものすごい便利。おしりを拭く際は柔らかめのティッシュで十分です。

外出時にたまにおしりふきを使うんですが、妻ともども、スプレータイプのほうが良いという感想でした。おしっこならまだしも、うんち等の場合、ウェットティッシュではきれいにしづらさを感じます。スプレーなら、うんちを洗落とせるので、かなり便利です。お湯になるので、寒い冬でも冷たくないというところもグッドでした。我が家の最大のヒットかもしれません。

Amazonの商品ですが、これと同じメーカー・同じタイプかと思いますが、持っているものと微妙に形が違ってます。バージョンアップしたのだろうか。

 

MAPLE WARE メイプルウェア ホットウォッシュ

MAPLE WARE メイプルウェア ホットウォッシュ

 

 


5.【おむつ】防臭ペール(ゴミ箱)

おすすめ度:★★★★

量販店で売っているゴミ箱は本体が安い代わりに専用のゴミ袋が高く、毎回買うには家計にひびきます。そこでこれ。市販の消臭剤も使えるので安い消臭剤を使えばよく、ゴミ袋も買い物袋の余りでもいいし、安いゴミ袋を買えば良いので、お得。高いものを買うのば馬鹿らしくなります。リビングにおいていますが、臭いの漏れも特になし。夏場暑い際にも特に臭いません。もちろんゴミ箱の中は最悪の悪臭ですが、ゴミ箱を開けて初めて気がつくレベル。かなり良いものかと思います。

 

防臭ペール

防臭ペール

 

 


6.【おむつ】ペットシート

おすすめ度:★★★★

赤ちゃんのうんちはゆるゆるなので、床が汚れる可能性が高いです。その際に、ペットシートは大活躍します。市販の安いやつで十分。万が一の場合なので、シートが汚れなければ、次回使えばよく、一度買えば、まず使い尽くすことはないと思います。大きさは少し大きめが良いかも。50枚位あれば十分かな。

 



7.【食事】テーブルチェア

おすすめ度:★★★

ダイニングテーブルに取り付けられるタイプの乳児用の椅子です。持ち運びもしやすいので、実家に帰るときも持っていけます。

私が買ったのはベビーザらスのものですが、どのタイプでも特に良いかと思います。注意点は、ダイニングテーブルの板の厚みで取り付けられるかどうかを確認してください。

 

www.toysrus.co.jp

 


8.【食事】食事用エプロン(少し硬め)

 おすすめ度:★★★

離乳食を上げる時期からですが、食事する際に、ご飯をポロポロこぼすのでエプロンは必須かと思います。当初、柔らかい布にビニールを貼り付けたようなエプロンを使っていたんですが、洗うのがやりにくく乾きにくかったため、硬めのタイプにしました。固めと言っても、ゴムっぽいソフトな感じです。水でササッと洗えて便利です。赤ちゃんにとっては動きを多少制限されるので、あまり嬉しくはないでしょうが、親には嬉しい商品です。ベビービョルンの以下の商品を使用しています。

 

ベビービョルン 【日本正規品保証付】ソフトスタイ ピンク 046255

ベビービョルン 【日本正規品保証付】ソフトスタイ ピンク 046255

 

 
9.【移動】チャイルドシート(ISO-FIX)

おすすめ度:★★★

おすすめと言うか、車移動するなら必ず使うものなので、必要に応じて買っているかと思います。おすすめポイントはISO-FIXというタイプ。これ、かなり便利です。便利だけでなく、安全性も確実になります。シートベルト式だとコツが必要で難しいのです。頻繁に変えることがなければ、ずっと固定したままになるのでしょうが、意外に付け替えるシーンがあり、ISO-FIXで本当に良かったと思います。

 

コンビのクルムーブが簡単に操作できておすすめ。

 

www.nas-note.com

 

 

10.【遊び】レインフォレスト・デラックスジム

おすすめ度:★★★

赤ちゃんの遊び場として大活躍。ひとまずここに入れておけば、多少の時間でも一人で遊んでくれるので、ママ大助かりな一品。といっても、万能ではないので飽きてしまえば泣いてしまいますが、一時しのぎとしては活躍できます。 

あと、10ヶ月以上たってもまだ使えるのでコスパはかなり良いかと思います。そこら中で売っているので持っている人もいるかもしれませんが、我が家ではおすすめ品です。

 

フィッシャープライス レインフォレスト・デラックスジムII DFP08

フィッシャープライス レインフォレスト・デラックスジムII DFP08

 

 

 

 不要だったもの

意外なものかと思いますが、我が家では買うまでには至らなかったものです。比較的高価で場所を取るものが不要認定されました。

一時は、レンタルで使ってみたけど、我が家には合わない、といったもの。もちろん、これがないと困る、という家庭もあると思うので、現時点での我が家の状況とお考えください。

 

ベビーベッド

あればあったで重宝しますが、なくてもどうにかなったという意味で不要でした。当初はレンタルで2ヶ月ほど使用していました。立ったままおむつ交換ができ、腰への負担が少なくなりますのが大きな利点です。ただ、床でやっても何も問題ないので、レンタルは継続せず今に至ります(10ヶ月)。今となっては全く問題ないです。

小さい子がいる家庭なら、小さい子から赤ちゃんを守るために必要かも、という程度。レンタルで十分かも。

 

バウンサー・ベビーラック 

 これも最初はレンタルして、良ければ買おうと思っていたんですが、かなりの場所を奪うものあったので、レンタルもやめました。我が家の場合は、バウンサーやベビーラックで揺れてても全く泣き止まなかったというのも理由の一つです。赤ちゃんによって、効果があるかどうかは違うので、始めの頃はレンタルという手が良いかも。

 

 

まとめ

赤ちゃんが生まれた際に、あれもこれもと買ってしまうとかなりのお値段になってしまうもの、でも何を買えばよいかが全くわからないという状態かと思います。

そういう方に、これはおすすめです、と言えるものを書いてみました。お役に建てられたら幸いです。

 

自動車を持っていたら、チャイルドシートが必要ですよね。選び方についてまとめましたので、確認してみてください。

 

www.nas-note.com

 

 

 子供が生まれたら、学資保険に加入するかどうか迷いますよね。私は、学資保険は不要だと考えています。その理由は以下の記事にまとめています。

www.nas-note.com