なすノート@一条工務店で建てたコの字の平屋

一条工務店のi-smartで、中庭を囲むコの字の平屋を建築中。育児や趣味についても書いていきます。

住宅展示場に行く前に知っておくべきこと① ~住宅メーカーについて

f:id:nasukusu:20190322230543j:plain


みなさん、家をほしい家を買いたい・建てたいと思った時に、一番最初に何をしますか?

 

そう、住宅展示場にまずは行ってみる、ですね。

 

でも、これ間違いなんです

 

というか厳密には間違いではないですが、それよりも先にやっておかないといけないことがあります。

それは、まずは知識を身に着けることです。住宅展示場に行っても住宅メーカーはいいことしか言いません。また、営業担当の人は、いろんな特徴を話してくれますが、正直何がいいのか、どう違うのかまったくわからないと思います。わからないならまだしも、何となくよいような気がする、といった曖昧な気分にさせられ、そのまま買ってしまいかねません。

 

そんなことがないように、私が家を選んでいく中で知って言った知識を、このブログの「住宅展示場に行く前に知っておくべきこと」シリーズとして書いていこうかと思います。

 

まず第1回目は、前提として、注文住宅を建てる場合に考えないといけない住宅メーカーのことについて、書いていこうと思います。建築業界とは全く関係ない、素人の知識ですが、自分の得たノウハウを皆さんと共有させてもらいます。

 

 

 

住宅メーカーの種類

私が説明 するまでもなく、住宅メーカーの種類を説明してくれているサイトはたくさんあります。基本的には下の3つで説明されることが多いです。

  • ハウスメーカー
  • 工務店
  • 設計事務所

 

ハウスメーカー

ハウスメーカーとは、テレビCMを出しているような大手の有名企業のことです。積水ハウスとか、大和ハウス、セキスイハイム、へーベルハウスなどです。テレビCMを出していることから分かるように、価格は高めです。

 

工務店

工務店は、地場の小さな住宅会社で、日本の住宅はほとんどが工務店で作られています。ハウスメーカーといっても、実際に家を作るのは工務店なので、どの家もほぼほぼ工務店がかかわっているといっていいかもしれません。ハウスメーカーを通さない分、安くなるのが特徴です。

 

設計事務所

設計事務所は、いわゆる一級建築士にお願いして、完全オリジナルの家を建てるようなところです。「渡辺篤史の建もの探訪」という番組で出てくるのはこの辺の家。狭小地や変形地などの設計はハウスメーカーが苦手とするところですが、設計事務所では得意としています。

 

実はもう少し細分化できる住宅メーカーの種類

と、上記の説明がされるのですが、個人的には以下くらいにもう少し分けられると思います。あまりここまで載せているところがないので、認識違いあるかもしれませんが、個人的にはこれくらいの種類は知っていたほうが良いと思っています。

 

  • ハウスメーカー(直営)
  • ハウスメーカー(ディーラー制)
  • 工務店(フランチャイズ)
  • 工務店(グループ加盟)
  • 工務店(上記以外)
  • 設計事務所

 上記について、以下で説明します。

 

ハウスメーカー(直営)

ハウスメーカーでも、実質、直営と、ディーラー制があります。

直営とは文字通り、全国一律同じサービス同じ値段(厳密には地域性がある)になるハウスメーカーのことです。どこの営業所で建てようが変わりません。例としては、積水ハウス、一条工務店、大和ハウス、へーベルハウスなどがあげられます。

 

ハウスメーカー(ディーラー性)

一方、ディーラー性というのは、自動車のディーラーと同じで、販売店と製造が別々で、さらに販売店でも同じハウスメーカーの看板を掲げつつも、独立採算制の別会社となっているということです。別の県をまたぐと違うのはもちろん、同じ県でも違うことがあります。そのため、同じ会社でも価格競争が起きるのが特徴です。ちなみに愛知県には、トヨタホーム名古屋と、トヨタホーム愛知は別々の会社があります。ディーラー性の例としてはセキスイハイム、トヨタホーム、ミサワホーム、パナソニックホームなどがあります。

これらの違いを考えると、ディーラー性のハウスメーカーでは、ハウスメーカーを決めた後でも、同じハウスメーカー内での相見積もりが可能ということです。逆に言うと、別の営業所に行かないといけない気持ちになるのが面倒というところでしょうか。直営店はそこがない、というのがメリットでもありデメリットでもあります。

 

www.misawa.co.jp

工務店(フランチャイズ)

また、工務店にも複数種類があります。まずはフランチャイズです。フランチャイズはコンビニのようなものです。各店舗はフランチャイズ本部から看板と商品の販売権を買って商売しているところです。

一見ハウスメーカーのように見えますが、実態は工務店、というのがフランチャイズの工務店です。例えば、アイフルホーム、ユニバーサルホーム、クレバリーホーム、ヤマダホームなど。

これらは、地域密着型の工務店のいいところと、材料の大量発注や設計力、企画力、宣伝力のあるハウスメーカーを足して2で割ったような特徴のある工務店です。ローコストと呼ばれるメーカーが多く、価格が安いですが、ハウスメーカー並みの安心感で家を建てることが可能になります。

しかしながら、実態は工務店なので工務店自体がつぶれてしまった場合にはフランチャイズ本体からの保証はありません。ただフランチャイズの中には保証してくれるところもあります。

www.eyefulhome.jp

工務店(グループ加盟)

工務店で資材を共有化して大量発注による資材価格を低く抑えていたり、設計を一括して共有してコストを下げている工務店です。FPの家、重量木骨の家、など。基本的には工務店としての特徴があります。

フランチャイズとどう違うのか、ですが、加盟店のロイヤリティがないため、違うようです。

www.macrohome-osaka.com

 

工務店(上記以外)

実際にイメージする工務店などです。

 

設計事務所

特に説明なし

 

住宅メーカーを選ぶ際の基準

あなたが本当に求めているものがあるかどうかです。 それには大まかに分けた種類を知る必要があります。

 

例えば、工務店(フランチャイズ)が一番わかりにくいメーカーだと思います。一見するとハウスメーカーに見えるので。ですが、ハウスメーカーとは違って、やり取りはすべて工務店なので、仮に工務店がつぶれてしまうと、家を保証してくれる人が全くいなくなります

その点を気にするのであれば、フランチャイズではないハウスメーカーを選んだほうが良いでしょう

一方、地域密着型で、ローコストで、でも普通の工務店よりは商品力、企画力があるところとして、工務店(フランチャイズ)はよい選択になると思います。最近ではハウスメーカーに引けを取らない商品も多く、侮れない存在です。

 

 そういう特徴をすべて理解して初めて、そこがよいメーカーなのか、やはり違うのかが理解できるようになるのです。まずは知ることが大事なのは、こう言ったことからなのです

 

特徴まとめ

上記をまとめると以下のようになるでしょう。

順番に、下に行くほど地域密着度が上がっていきます。(設計事務所を除く)

 

全国どこでも同じ → ハウスメーカー(直営)

地域で価格競争 → ハウスメーカー(ディーラー制)

工務店+ハウスメーカーいいところどり → 工務店(フランチャイズ)

フランチャイズよりも工務店寄り → 工務店(グループ加盟)

コスト重視、地域密着重視 → 工務店(上記以外)

独自性のある家を建てたい → 設計事務所

 

 上記について、住宅展示場に行ってもまず分かりません。いろいろ話を聞いていくうちに何となく理解できてきますが、数多くあるメーカーのうち、どれが何かということはまず考えられないでしょう。そういうものがある、ということすら思いもしないと思います。

ですが、上記の種類のいずれかで、それぞれの大雑把な特徴があることだけ知っていれば、住宅展示場に行って数多くの展示場があっても、自分が何を見るべきかがはっきり絞れるはずです

 

おまけ

 家づくりのイメージをつけたい方は以下の本などがおすすめです。

マンガ はじめて家を建てました!―いちばん最初に読む家づくりの入門書

マンガ はじめて家を建てました!―いちばん最初に読む家づくりの入門書

 

 

 

合わせて以下の記事もお読みください。

 

www.nas-note.com


www.nas-note.com